Luce Photographer's Blog

2017 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

現在と未来の結婚式業界 HEP CAFE

2007/06/22(Fri) 00:31
写真なしで申し訳ありません。
今日、西麻布にてHEP CAFEと言う新しい形の結婚式の選び方をしましょう
と言うお話をしてまいりました。

簡単に言うと「会場を決めてから」と言う今までの単一な選び方を辞めて
結婚式の生の現場を知り尽くしたアーティストから決めて
そのチームを会場に全て入れましょうと言う方法です。

この新しい形に賛同と言うか
お互いにプロと認め合ったアーティストのみの紹介で構成されます。

3-works 代表 大原 勲さん
PARADISE 代表 けんすけさん
島内浩一郎写真事務所 代表 島内浩一郎さん
エリ松居Japan 代表 松居エリさん

その中にLuce 中野も参加する事となりました。

こだわりのある方の結婚式に行くと
必ずと言っていい程上記の方々に会い一緒に結婚式を行なっています。
一生懸命に探した結果、同じ人に行き着く
こんなイメージです。

だったら最初から集めてしまって
実際にみんなで集まって直接お客様である二人と
交流会をしましょって言う感じです。

海外だと会場はあくまで箱貸しとサービスがメイン業務です。
アーティストは、好きずき自分達で選んで持ち込みます。
これがスタンダード。

日本だと会場を決めて
会場と契約してる業者から選びます。
そこで納得出来ないお客様が色々探して持ち込もうと思うと
「持ち込みは出来ません」
「持ち込み料がかかります」
「一席分用意する形なら」
「挙式は撮れません」などなど
本当に意味の分からないお金や制約がかかります。

本音で言ってしまうと持ち込みが出来ない会場って
その契約してる会社から
「持ち込み不可にしてくれ」と言われていたり
「自分達の出している商品に自信がない」と言う事みたいです。

こんな事書くと色々言われそうですが実際にそう言う事が行なわれているのが
この日本の結婚式業界。
みんなビジネスなので決してそれは否定しませんが
努力をせずに簡単な方法を選んでると思いませんか?

最近では、持ち込み出来ない会場が増えてきた事
会場が飽和状態である事
これを逆手にとって私達は持ち込みが出来る会場をお客様にお伝えしていきます。
結婚式をする方々の考え方が変わってきている様に感じる今
「会場を最初に決めない」と言う形は、ひとつの選択になると思います。
実際に去年でも何組かありました。
会場側も飽和状態で今後淘汰されていく事でしょう。
もちろん私達アーティストも努力の無い限り、淘汰されます。

また、「この人にお願いしたい」と言う希望があっても
会場を決めてから挙式3ヶ月前くらいにお話をいただいても難しい事が多くなってきています。
いつもお客様と話しをしていて口にしてしまうのは、
「商品はいつでもいくらでも用意出来る、人はその日に一人しかいない」
その事が分かっている方は、半年~一年前に予約をされています。
実際私の予約も来年の4月まで入っています。
他のアーティストの方とお話をしても同じ様な状況です。
半年では、まだ会場側との打合せも始まっていません。
大体3ヶ月前から招待状などの打合せが始まります。
写真に関しては、2ヶ月前と言うのが多い様です。
そこから探し出した時には、すでにスケジュールが埋まっていると言う形です。
私達自分達だけの事を考えているなら
仕事で埋まっているから良いとなってしまいますが
ここに集まっている方々は、ちゃんと選べる形を作りたいと言う思いで一致しています。

この形が新しい結婚式の選び方になればと思います。
少しでも日本の未来の結婚式が良くなれば嬉しいですね。
中野雅弘 コメント:2 トラックバック:-
コメント:
--新しいですね。--

参列する機会が多いのでそろそろ違うウェディングを体験してみたいですね。

やっぱりトップアーティストがそろうと雰囲気も違うと思いますからね。

いろいろ制約があると思うので大変だと思いますが、
どこの会場に行ってもHEP CAFEと契約してますっていう未来を期待していま~す。

そうしたらクオリティはアーティスト側が保証してくれますからね。

by: 近藤隆蔵 * 2007/06/24 02:12 * URL [ 編集] | page top↑
----

結婚を迎える前に
中野さんというジブンの仕事に
誇りと哲学を持った方に
出会えたことを感謝しています。

お金もないのにあちこちにこだわって、
我儘すぎるのか?自分勝手なのか?と
反省した時期もありましたが、
親や環境への感謝と、自分自身へのご褒美と
未来への夢を持った結婚式という日を
尊敬する方々に彩られて迎えることができることを
ありがたく思います。
by: ともみ * 2007/06/25 12:13 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Next Home  Prev

 

Luce Photographer's Blog内 検索

カメラマン別検索

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

カウンター