Luce Photographer's Blog

2017 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

シェ松尾 天王洲倶楽部

2011/02/21(Mon) 13:43
shyete1.jpg

この階段は、いい光がはいってきます。

一枚のプリントの中で任意のエリアの露光時間を変えられることが、手焼きプリントの最大のメリットです。(と僕は思ってます。)
プリントを始めたばかりの頃は、それが面白くて覆い焼きや焼き込みといったテクニックに没頭しました。
上記のテクニックを使えば、画面の中で視線を集中させたい部分を強調したり、飛んじゃっているドレスのディティールを浮き上がらせたりといったことができます。
でも、テクニックが過剰になると色が濁ったり、コントラストが低下したりします。
プリントすればするほど感じるのは、「ストレートプリントに勝るものはない」ということです。
標準的な露光時間で、一発で焼けるネガを作ること。
撮影の際に大切にしていることのひとつです。

中野雅弘 コメント:- トラックバック:-
Next Home  Prev

 

Luce Photographer's Blog内 検索

カメラマン別検索

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

カウンター