Luce Photographer's Blog

2008 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

マダム・トキ

2008/06/28(Sat) 00:58

マダム・トキに行ってきました。

akatoki-0005.jpg
幸せそうなお二人!

akatoki-0002.jpg
ついつい撮りたくなるものがたくさんあるレストランです。

akatoki-0006.jpg
こういうところにもお二人の親密さが現れているような気がします。

akatoki-0003.jpg
このメニュー!
かわいくて大好きです!!

akatoki-0004.jpg
随所に光のきれいな場所があります。
今日はこの辺で、
そのうちギャラリーにアップ予定です。
中野雅弘 コメント:0 トラックバック:-

隙間を抜いて

2008/06/23(Mon) 19:25
DPP07D80617131130.jpg

後ろ姿も自然に狙うと印象的になる事が多いですね。
記念写真を撮り終わって次のポイントへ向かう所。
スタッフとスタッフの間を抜いて新婦の後ろ姿を狙います。
光の当たり方も良く海外のスナップの様な写真になりました。

中野雅弘 コメント:1 トラックバック:-

友人の結婚式で愛媛に行って来ました。

2008/06/20(Fri) 19:41
FH010002_convert_20080620194037.jpg


自宅前、笑顔の一枚
中野雅弘 コメント:0 トラックバック:-

ブーケプルズ

2008/06/19(Thu) 21:57
FH020025_convert_20080619214130.jpg

花嫁の持つブーケを受け取った女性は次に幸せになれるそうです。
皆さんもう知ってますよね。

挙式は近親者のみ、和装で神前式、披露宴に友人が参加する、
そんなときはブーケプルズをお勧め致します。ブーケプルズは場所も天気も選びません。

ブーケトスは一瞬で終わってしまいますが、ブーケプルズセレモニーはゆっくりとしていますから
イベント性も高く、また違った楽しさがあります。ブーケトスはブーケを破損・汚損することもありますし、
ゲストが奪い合ってしまうことも無きにしも非ずです。遠慮して参加しない方もいるかもしれません。
ブーケプルズは参加者全員平等にブーケを手にするチャンスがあります。
平たく言えば、クジ引きですね。

披露宴のプログラムに組み込むのも手です。ブーケからのびた複数のリボンは美しいシーン。
絶好のシャッターチャンスです。
写真は品川のストリングスホテルの様子。ファインダーを覗かず頭の上にカメラを掲げ撮影しました。
瞬間 瞬間を撮りたいので椅子や脚立は使いませんでした。
視線が普段見る事の無い、2mくらいの高さからの写真
アルバムでは、大きく編集したくなる1枚です。
中野雅弘 コメント:0 トラックバック:-

流し撮り

2008/06/19(Thu) 19:54
DPP07D80613132807.jpg

臨場感を出したい時によく使う手法が「流し撮り」です。
モータースポーツなどでは、常用の手法なのですが
人物でももちろん可能です。
1/15と言うシャッタースピードだと中途半端になってしまう事が多く
人物では、半分の1/8がベターな気がします。

1/15とかは専門的に1秒の15分の1シャッターが開いていると言う意味になります。
0.0666秒と言うと短い時間ですが
普通の人だと手ぶれになってしまうスピードです。

このシャッタースピードに設定して被写体を追うと上の様な写真になります。
スポットライトの逆光も入れて
より雰囲気よく。
3~4枚連続で撮った中の一枚です。

中野雅弘 コメント:0 トラックバック:-

the fujiya gohonjin

2008/06/16(Mon) 12:11
DPP07D806100B2F43.jpg

長野にあるthe fujiya gohonjinの挙式会場。
スナップなので水平・垂直を正して撮ると面白みがないので
ちょこっと角度を付けて撮ってみました。
建築好きは、すぐに気づくと思いますが
所々フランク・ロイド・ライト的な装飾がある会場です。
と言っても彼の建築物は、もう日本ほとんど残っていません。
色々な所に行くとフランク・ロイド・ライトみたいな場所があります。
今でも新しい建築にも影響を与えるのは、凄い事ですね。

写真を見ての通り、大体いつも人で溢れかえってます。
カメラマンの動線としては、両サイドと一番後ろの通路だけ。
列席の方が多く、ここに人が立っていたりすると
結構撮影が大変になります。
当たり前ですが真ん中のバージンロードは、入りません。
左右を行ったり来たり。
レンズをいくつも付け替え絵を変えていきます。

その中でいかに二人と列席者の気持ちを写真に封じ込められるか
いつも自分の力量を確かめられている様な場所です。

中野雅弘 コメント:0 トラックバック:-

アシスタント

2008/06/15(Sun) 13:22
DPP07D8060F0C3441.jpg

昨日は、ぽっこりと撮影仕事が空いたので
撮影のアシスタントに品川のストリングスホテルへ行ってきました。
普通ならお休みの日にするのでしょうが出来るなら撮影現場に行きたいと思ってしまうのが自分。
大型(型物)の写真のアシスタントで
機材運搬やライティングセッティング、露出チェック・親族集合写真の誘導や並びの調整などが
主な仕事です。
撮影中も細かい所のチェックなどカメラマンが目の届かない所をアシストします。

違うカメラマンの仕事を見ていると
自分とのアプローチの違いが大変勉強になります。

上の写真が二人のポーズ写真を撮影している所。
肖像権の関係で二人の顔は、ぼかしています。
後ろからカメラマンを見ていると
カメラマンって人に見られている仕事なんだな~と思いました。
言動・立ち振る舞いなど気をつけないといけない仕事ですね。
結婚式のカメラマンは、サービス業の一種に近いと思います。

DPP07D8060F0C3341.jpg

パーティ会場に入っていく寺山氏。
流し撮りしてみました。笑

中野雅弘 コメント:0 トラックバック:-

距離感

2008/06/12(Thu) 14:29
DPP07D8060C0E0311.jpg

長野・善光寺-大本願にて。

いつも行く長野は、和装も多いのですが
和っぽさを感じるのは二人の歩く時の間隔ですね。
男性が前を歩く、女性が少し後ろをついていく。
でも二人の関係は、女性の方が強かったりします。笑
昔ながらの格式に憧れもあって、現代の美的感覚も入れて
そんな感じが今の和装かな~なんて思います。

写真は、二人が歩いてくる所を待ち伏せて
お寺バックで和なんだけどシンメトリーで洋に和洋のミックスで狙ってます。
写真も現代的でないとね。
距離感が好きなカットになりました。

中野雅弘 コメント:0 トラックバック:-
 Home 

 

Luce Photographer's Blog内 検索

カメラマン別検索

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

カウンター