Luce Photographer's Blog

2006 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

Luce写真館.2006 来場ありがとうございました。

2006/10/30(Mon) 17:54
昨日第二回Luce写真館を無事終えました。
合計で8組もの方々にきていただき大変楽しい時間を過ごせました。
これも参加された方々のおかげです。
身重の方、赤ちゃんや愛犬を連れてご足労いただき大変恐縮です。

この場をもって、スタッフ一同「本当にありがとうございました」とお伝えさせて
いただきます。
来年もっと沢山の方に参加できる様、計画・対応させていただきますので
また宜しくお願い致します。


写真は、郵送後数日経ってから少しずつ掲載させていただければと思います。
Luceからのお知らせ コメント:0 トラックバック:-

Luce写真館.2006 場所・時間決定

2006/10/23(Mon) 16:14
お待たせ致しました。
参加の方が増えた為、場所が変更になりました。
自由が丘にあります、スタジオ南南西になります。
スタジオの地図は、下記をご覧下さい。


http://www.nannansei.com/stmap.html

車で来られる方は、近くのコインパーキングをご利用下さい。
住宅街にありますので、路上駐車は出来ません。
バイクならスペースは、あります。

料金ですが、税込み30.000円になります。
当日現金でのお支払いになります。

お手数ですが当日郵送先などの住所を再度お知らせ下さい。
申し込み用紙をご用意しております。

時間ですが、ブッキングしない様に調整しまして
個別にご連絡致します。
もう少々お待ち下さい。
Luceからのお知らせ コメント:0 トラックバック:-

ハイシーズン

2006/10/23(Mon) 00:55
w.jpg

今年もハイシーズンに突入しました。
ここのとこ3連休が続いて大変でした。
今週は土日だけでちょっと体が楽です。
撮影の後のビールはほんとにおいしい。といっても翌日撮影なので、土曜はあまり飲みません。
だから、日曜は終わってからのビールがほんとに楽しみなんです。
しかし、今日は撮影が終わって家に帰ったら、ビールがなかった・・・
しょうがないので、ウィスキー飲んで寝ます。
中野雅弘 コメント:3 トラックバック:-

素朴な疑問 「黒枠」

2006/10/13(Fri) 22:39
20061013222532.jpg

今日は、手焼き写真の黒枠についてのお話。

「手焼きの写真はなんで周りに黒いものが入るんだろう??」
って思った方も多いですよね。

写真をプリントする時、キャリアと呼ばれるものにネガを挟むのですが、
そのキャリアのフチを自分達でヤスリで削って、35mmネガのサイズより大きくします。
こうすることによって、ノートリミング(サイズ無調整)で焼いた時に、写真は黒枠で囲まれるわけです。
焼いている時ってほんと微調整してるんです。
ちょっとでも傾いていたりすると枠が曲がったり
写真が枠の外に出て、枠が消えてしまったり
ほんと毎日焼いてますが職人技だな~なんて思います。

このヤスリで削った黒枠には色々な意味があります。

一つ目は「これはノートリミングでプリントしてます」という証明。
2つ目は「これは自分の写真です」というサインのような意味。
自分で削った黒枠は世界に一つしかありませんから。

この上の写真は、自分の特製「ガビガビ枠」と呼んでます。
他の写真の枠がシャープで柔らかい感じですが(Luceで2つメインに使用中)
このキャリアは、ちょっとアートっぽい感じ。
たま~に使ったりしてます。

あっ最近ではデジタルで簡単に付けられますので
黒枠が付いているからって手焼きとは限りませんのでご注意を!!
中野雅弘 コメント:5 トラックバック:-

ルーチェ写真館.2006

2006/10/11(Wed) 10:18

ルーチェでは、毎年スタジオを借りて仮設写真館の様な事をしています。
海外では、スタジオ写真で家族の記録を毎年残す事が当たり前の様な文化になっていますが
日本でも昔はあった事が、いつしか薄れてしまいました。
それを復活させたいと言う気持ちと
結婚式で撮影した方々から「子供が産まれたから撮って欲しい」など
沢山のご要望を受け、この様な形でお答え出来ればと考えました。

毎年の年賀状に使っても良いですし、部屋に飾っても良いですね。
普段着で気楽に写真を残しましょう。



日程 10月29日(日曜日)

時間:10:00~17:00 (参加の方には、個別に時間の連絡を致します。)

場所 スタジオ南南西

撮影料 30.000円(税込)

撮影内容 35mmネガ 2~3本  手焼き六ッ切り 3枚付き (撮影済みネガ付き)

納期 約1ヶ月後 郵送にて

申し込み メールまたは電話にてお知らせ下さい。
     カメラマンの指名をしたい場合も同時にお知らせ下さい。
     先着各カメラマン10組前後まで 全体で30組までを予定しております。

締め切り 10月22日まで

参加カメラマン 中野 先浜 寺山 赤間
        塩田(午前中~15時まで撮影の為、16時より)
        南 松澤 (参加予定)

カメラマン申し込み状況 中野:5組 先浜:2組 塩田:1組 赤間: 南: 松澤:

詳しくは、下のリンクからどうぞ。

http://www.k3.dion.ne.jp/~luce/rua[cheee^ay.html




下の写真は、撮影風景です。
IMG_9068.jpg

Luceからのお知らせ コメント:0 トラックバック:-

モノクロ

2006/10/05(Thu) 19:18
20061005185721.jpg

なんか下でイジラレてますが・・・。
面白い事務所なんでお許し下さい。

モノクロの写真って好きですか?
自分は、好き。大好きです!
「モノクロって何か変えて撮っているんですか?」と
よく打合せで聞かれるのですが
お答えするとまずフィルムは、モノクロのフィルムを使っています。
同時に最低でも2台のカメラを使ってカラーとモノクロを同時に撮っていきます。

あと「カラーの写真を後でモノクロに出来ますか?」とも聞かれるのですが
手焼きでは、かなり特殊なペーパーを使わない限り出来ません。
ペーパーの面質もかなり違ってきます。

撮り方は、人それぞれ違いますが
自分の場合、「光」を意識して撮る事が多いです。
光が生み出すグラデーションに魅力を感じているのでしょうね。
撮った後のネガを見るとそう感じます。

上の写真もカラーでも問題なく撮れるのですがモノクロで撮っています。
トップからのハロゲンスポットの光が落ちてきています。
座っている椅子も茶色。
鏡は、ローズウッドの濃い赤茶。
壁は、黄土色。
ハロゲンでの赤い光でより全体的に赤になってしまいます。
(撮影方向を変えれば対処方法は、ありますが)
なので体の微妙な前後の動きでトップからの光の当たり方が変わるので
グラデーションが綺麗にでる瞬間を狙いシャッターを切っています。
もちろん鏡に自分写り込まない様に注意しながら。

結構カメラマンって細かい神経使いながら撮影してるんです。←ほんとか??
中野雅弘 コメント:0 トラックバック:-

中野は食べられました

2006/10/05(Thu) 00:22
20061005002148.jpg


今日はルーチェのミーティングでした。中野は寺やまに食べられました。
中野雅弘 コメント:1 トラックバック:-
 Home 

 

Luce Photographer's Blog内 検索

カメラマン別検索

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

カウンター