Luce Photographer's Blog

2006 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

また、木の写真です

2006/06/28(Wed) 04:18
happa.jpg

だんだん暑くなってきました。
写真は5年前のちょうど今頃、兵庫県の田舎で撮りました。
木の下にはものすごくきれいな川(地元の人の飲料水になってました。)が流れていて、カジカガエルが鈴を振るような声で鳴いていました。


hotaru.jpg

そして、夜になると同じ川の上で焚き火の火の粉が舞うようにものすごい数の蛍が乱舞していました。
もともと人の少ない場所で、おまけに山の中なので蛍を見ているのは僕らの仲間4人だけでした。ほんとにすごい光景で4人で見るだけじゃ、もったいないと思ったほどです。
2枚目の写真はわかりにくいとおもいますが、蛍の写真です。
三脚も持っていませんでしたが、なんとか撮影しようと思い、橋の欄干にカメラを置いて長時間露光で撮影しました。
写真を見ると当時のことを思い出すだけでなく、今でも川があのままで同じように蛍が乱舞していればよいなと思うのです。

そろそろ、ブライダルの写真のせようかなー

中野雅弘 コメント:2 トラックバック:-

その人らしく

2006/06/26(Mon) 15:46
img203.jpg

結婚式の写真を撮る上で大切にしている事がいくつかあります。
その中でも大事にしている事が「・・・らしい」と言う事でしょう。
「その人らしい」表情や雰囲気を捉える事に集中しています。

アルバムを開いて「二人らしい」表情の写真で溢れていたら
どんなにいいでしょう。

綺麗なだけでは、何も伝わらないと思います。
カッコいいだけでは、心に残りません。

見た人に何か暖かいものが生まれる。
そんな写真を残せる様になりたいです。
中野雅弘 コメント:0 トラックバック:-

もののかたち

2006/06/24(Sat) 01:19
biwa


ルーチェの近く(歩いて5秒くらい)の中華料理屋の横には、枇杷の木がある。
今日、その枇杷の木の枝を切っていた。横にはり出していた枝をみんな切ったので、枇杷の木は変なかたちになった。

僕は、木の形とか木が何かに落とす影が好きです。ついつい写真に撮りたくなったりします。
でも枇杷の木はあんまりかっこよくない。なんとなくもっさりした感じだし、葉っぱの色も冴えない感じです。
でも、枇杷の実は好きです。なんといえない優しげなかたちと色、それに質感も、そのバランスが美しいと思います。木全体で見るとなんだかもっさりした葉っぱもその実と組み合わさるととてもバランスのよい色とかたちに見えてくるのです。
しかし、枇杷の実のかたちがすきな人ってあんまりいないのかな・・・
また、変なブログ書いてしまった。
中野雅弘 コメント:0 トラックバック:-

音って大事ですよね?

2006/06/22(Thu) 23:55
DPP07D60616170F54.jpg

こんばんは~。
実はLuceの事務所、私の趣味の物で構成されています。
すみませんです、はい・・・。

ひとつ紹介すると音響関係。
あまり一般的ではありませんが写真のB&Wのスピーカーを置いてあります。
これをオルトフォトンの4芯のケーブルでバイワイヤーで繋いであります。
あ~オタクだな。
分かる人は、分かってもらえるでしょうか?

CDは勿論、モンスターケーブルでi-Podも良い音で鳴らせます。

Macで音を出す場合は、Harman Kardon SoundSticksと言う
スコーカーとウーハーのシステムで鳴らしています。
透明のスピーカーがそれです。
Harman Kardon SoundSticks様にチューニング済みですので
音楽に合わせてB&Wと使いわけています。

因に暗室にはBOSEのスピーカーをでかいアンプで鳴らしています。

DPP07D60616170D17.jpg

でもって、こんな感じでカメラマン達が
出来上がったアルバムをお互いに見合っています。
実は、このお互いの写真を見合う行為、大変重要な事なのです。
あれ?だんだんムツゴロウさんみたいなナレーションになってきたな・・・。笑
みんな良い部分をそれぞれ持っています。
違うテイストの人の写真を見る事によって次の撮影で
「こんな感じで撮ってみよう」とか
「これってどうやって撮るの?」と言う感じになります。
また、見られる人は「恥ずかしくない写真を撮ろう」と言う気持ちになります。
これがカメラマンの技術の向上・モチベーションに繋がってくるのです。

自分が色々なスナップ業者でフリーでやっていた頃
こう言う事は、ほとんど見られませんでした。
何故ならカメラマンは、最終的な所まで踏み込めず(踏み込もうとしない?)撮影をするだけ。
自分で撮影したアルバムを見ない(見てもらわない)カメラマンばかりでした。
だからLuceでは、こう言う事も含め最終的な所まで責任を持って仕事をしてもらっています。

いい音は、そんな環境に無くてはならないものだと思います。
(まとまり悪いな~。笑)
中野雅弘 コメント:0 トラックバック:-

引き出すということ

2006/06/21(Wed) 00:40
0175.jpg


先月とても独創的な結婚式を撮影しました。「森」をイメージした装飾の中、2人が自分たちで考えたゲストへのおもてなしのかたち。結婚式では当たり前のような「主賓の挨拶」や「ケーキカット」といった演出はほとんどゼロ。演劇や音楽を巧みに取り入れた今までみたこともない、そしたこの先もたぶんないであろう結婚式のかたちでした。

多くの結婚するカップルたちが結婚式にのぞむのは、「自分たちらしい」結婚式。でもそれが何なのかと頭を悩ますカップルたちが多いのが事実。たった1回の一大イベント。あれやこれやと想像を膨らませるも、結局時間やスケジュールに追われ、また会場側の環境やルールの中でテンプレートにはめこんだ「よくある結婚式」になるパターンも多いはず。終わってみて、ああすればよかったこうすればよかったと後悔する人も少なくないかもしれません。

カメラマンとして思うのは、毎回同じテーマで撮影しているからこそ「当たり前」になってしまうことが一番こわいなあということ。指輪交換やキスをするのが当たり前。ケーキカットや両親への手紙が当たり前。その最も注目度のあるイベントは必ず記録としておさえる。でもそれだけで満足していては絶対いけないなと。

結婚するカップルは結婚式というものを組み立てていくという作業がほとんどが初めてのこと。そんな二人にたくさんのことを求めるのは難しい。だからこそ、何百回という結婚式を経験している私たちがいろんな提案をしていかなければいけないのではないかと。それはプランナーさん、メイクさん、司会者さん、サービスの方々、ビデオさん、私たちカメラマン、すべてのスタッフに言えることだけれど。

とにかく二人の持っているものを引き出すこと。

これはこういうものなんですよと絶対に押し付けないこと。自分たちの利害だけで、できるかもしれないことに顔をしかめないこと。二人の話をたくさん聞き出すこと。聞いて考えて一緒に創造していくこと。既成の概念に決してとらわれないこと。

それが私たちの常にある課題だなあと。

だからこそ結婚式は楽しいのでしょうね。それは、毎回どんなものに仕上がるかわからないから。
自分が仕事を終えて感動したら、それは自分が結婚式を創りだした過程の努力を怠らなかったという証明になる気がします。

と、最近自分の結婚式を終えて、ふと思いました。

きっと誰もが一生記念になる自分たちらしい素敵なウェディングを思い描いているはず。
全力でそのお手伝いをしたいなと心から思います。


さきはま

中野雅弘 コメント:2 トラックバック:-

ジワリジワリ

2006/06/20(Tue) 01:24
DPP07D6061114200411.jpg

Canon eos 1Ds EF24-70mm

ホームページの制作をジワリジワリとやっております。
一日1ページって感じですが・・・。

今度新しく作っているものは、写真のアップがしやすい事を一番に考えています。
一応8月から変更しようと目論んでますがどうでしょう・・・仕事がね。

かなり良い感じでありますのでお楽しみに!!
このブログは、もちろんのこりますよ~。
中野雅弘 コメント:1 トラックバック:-

光を感じる事

2006/06/14(Wed) 12:55
img196.jpg

こんにちは。
月曜日更新忘れてましたっ!!

光って面白いですよね。
自分だけ??
ええ、ちょっと光オタクなもんで・・・。

上の写真は、少し曇り空の中軽く太陽光が入る日でした。
ドレスの刺繍とベールのラインが凄く綺麗でとても好きな写真です。
只、撮る方向を少しずらしただけでベールが真っ白に反射して
ドレスが見えなくなってしまいます。

この光を見る行為は、カメラマン特有の職業病みたいなものです。
普段生活していても光を読んでしまうんです。
目が疲れますね。

この光を読む行為は、スタジオ経験者に多い様です。
特に商品撮影をしているカメラマン。
なんとなく写真を見るだけで大体分かります。

当たり前にある光をちょっと気にして見てみるだけで生活が豊かになった気持ちになりますよ。
試してみて下さい。
中野雅弘 コメント:0 トラックバック:-

ホームページ制作

2006/06/05(Mon) 20:45
img201.jpg

こんばんは。
毎週月曜日は、こちらのブログを更新すると勝手に決めている中野でございます。

実は、ホームページを一新しようと動いています。
もっと沢山の方の写真が見れる様に。
会場はもとより、ドレスの形やお花の種類でも検索出来る様に色々考えています。
そうすればカメラマンをはじめ、会場選びやドレス選び、結婚式の準備にも使えるサイトになります。
そんな夢の様なホームページを今練っています。
制作は、中野がやります。
そこで「こんなカテゴリーがあったらいいな~」なんてコメント待っています。
皆さんの意見がLuceを作ってきたと言っても間違いないでしょう。
だから、今回も色々聞いてみたいのです。
宜しくお願いします。
中野雅弘 コメント:0 トラックバック:-
 Home 

 

Luce Photographer's Blog内 検索

カメラマン別検索

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

カウンター